本日開館

©おおひなたごう ©秋田書店 ©イースト・プレス
©KADOKAWA/エンターブレイン
©講談社 ©集英社

What an OHINATAful World

~この素晴らしきおおひなたごうの世界~

2024年3月14日(木)~6月25日(火)

※会期中、一部原画の展示替えを行います。
前期:3月14日(木) ~5月7日(火)
後期:5月9日(木) ~6月25日(火)

1991年のデビュー以来、シュールかつエキセントリックな作風で独自のギャグマンガを描き続けてきたマンガ家・おおひなたごう。マンガ家デビュー30周年を記念して企画された本展では、デビュー作「心はマリン」を含む多数の作品の原画(肉筆原稿)約130点(一部入替えあり)、代表作「目玉焼きの黄身いつつぶす?」のデジタル出力原画のほか、ネーム、子ども時代の作品など創作の秘密が垣間見れる資料も展示します。普段、覗くことのできない「おおひなたごうの世界」の裏側まで見ていただけるチャンスとなります。

本展は、マンガ家生活30周年を記念し、2022年に秋田県・横手市増田まんが美術館で行われた展覧会を京都バージョンとしてパワーアップ。最新作「レコード大好き小学生カケル」の新規出展や描き下ろし作品の展示も予定されております。また、会期中にはご本人をお迎えしたイベント、ショップでの関連グッズの販売なども予定しています。

<展示作品>
「心はマリン」(デビュー作)/「俺に血まなこ」/「おやつ」/「フェイスガード虜」/「特殊能力アビル」/「ドリル園児」/「空飛べ!プッチ」/「犬のジュース屋さんZ」/「コアソビー」/「目玉焼きの黄身いつつぶす?」/「ラティーノ♥」/「星のさいごメシ」/「レコード大好き小学生カケル」ほか。

「目玉焼きの黄身いつつぶす?」
©おおひなたごう/KADOKAWA/エンターブレイン

「レコード大好き小学生カケル」
©おおひなたごう/KADOKAWA

会場

京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー1、2、3

開館時間

午前10時30分~午後5時30分 (最終入館は午後5時)

休館日

毎週水曜日(3月20日、5月1日を除く)、3月21日(木)

料金

※当日、エントランスの券売機にて当日券のご購入も可能です。
※入館チケットの購入方法は、当日ご入館時に券売機でお求めいただくか、オンラインでの事前購入になります。

関連イベント

おおひなたごうによるギャラリートーク[ 1 ]

作家ご本人によるギャラリートークを開催します。閉館後のプライベート会場で、作家自身から語られる、さらにディープなおおひなたごうの世界をお楽しみください。

日時

2024年3月16日(土)午後5時~午後6時30分(受付開始:午後4時45分)

※午後5時以降の入館はできません。

会場

ギャラリー1・2・3

出演

おおひなたごう(マンガ家)
聞き手:具本媛グー ボンウァン(京都精華大学国際マンガ研究センター、京都精華大学マンガ学部マンガ学科講師)

定員

15名(先着順)

対象

中学生以上

参加方法

事前予約制(2024年3月15日(金)午後11時59分まで受付)

※定員に空きがあれば、参加整理券を当日の午前10時30分よりミュージアム館内にて配布します。

※ミュージアムショップ含め、ギャラリー1~3を除く館内は午後5時30分に閉館いたします。ギャラリートーク終了後はご利用になれません。

※一部展示物が入れ替わるため、6月22日に行われるギャラリートークとは内容が異なる可能性があります。

「レコード大好き小学生カケル」
レコードリスニングパーティー&かとうれい子ミニコンサート

最新作「レコード大好き小学生カケル」の作中に登場するレコードを、おおひなたごうと「カケルのテーマ」(4月20日発売)を歌われている、かとうれい子さんの対談形式でご紹介いただきつつ鑑賞します。リスニングパーティーの最後には、「カケルのテーマ」をかとうれい子さんに歌っていただくミニコンサートも開催します。リラックスした雰囲気の中でマンガだけでは体験できない、新しい楽しみ方でカケルの世界に浸ってみてください。

『レコード大好き小学生カケル』の主題歌/カケルのテーマ (short ver.)をこちらからご覧いただけます

日時

2024年4月27日(土)午後2時~午後4時30分

会場

1階 多目的映像ホール

料金

出演

おおひなたごう(マンガ家)
かとうれい子(歌手)

定員

50名(先着順)

参加方法

事前申込制(2024年4月26日(金)午後11時59分まで受付)

参加をご希望の方は、以下の申込みボタンから当該イベントを選択し、カレンダーを4月に合わせてお申し込みください。

※お支払い方法はクレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB)のみです。
※クレジットカード利用明細には「ST*体験・施設等利用料ウラカタ」と表記されます。
※申込み後のキャンセルはできませんので御了承ください。

※定員に空きがあれば、参加整理券を当日の午前10時30分よりミュージアム館内にて配布します。

※当日申込みの方の参加料金のお支払いは会場にて午後1時30分より受付けます。キャッシュレス決済のみの対応となりますので予めご了承ください。

※参加者は開始10分前までにお集まりください。

おおひなたごう×吉村和真 対談イベント

マンガ家だけではなく、エンターテイナーと大学教授など、多彩な顔を持つおおひなたごう。シュールなギャグマンガを得意としながら、歴史ある京都精華大学マンガ学部の教授として、さまざまな背景を持つ学生たちを教えています。現役マンガ家でありながら、大学という場で次世代を育てることを決断した背景は?その決断で得られたものとは?同じく京都精華大学マンガ学部教授でマンガ研究家の吉村和真との対談形式によりエピソードを交えながら、作品だけでは知りえない、おおひなたごうの内面を探ります。

日時

2024年6月1日(土)午後2時~午後3時30分

会場

1階 多目的映像ホール

出演

おおひなたごう(マンガ家、京都精華大学マンガ学部マンガ学科新世代マンガコース教授)
吉村和真(京都精華大学マンガ学部教授)

司会:具本媛(京都精華大学国際マンガ研究センター、京都精華大学マンガ学部マンガ学科講師)

定員

150名(先着順)

参加方法

事前予約制(2024年5月31日(金)午後11時59分まで受付)

※定員に空きがあれば、参加整理券を当日の午前10時30分よりミュージアム館内にて配布します。

おおひなたごうサイン会

おおひなたごう氏による著書サイン会を開催します。

日時

2024年6月1日(土)午後3時45分~(受付終了:午後4時30分)

会場

1階 多目的映像ホール

定員

50名(先着順)

参加方法

事前申込不要
当日、マンガミュージアムショップにて対象書籍を購入した方に、サイン会参加券をお渡しします。対象書籍については後日こちらにお知らせします。

※対談イベント終了時刻によりサイン会開始時間が変更する可能性があります。予めご了承ください。

おおひなたごうによるギャラリートーク[ 2 ]

作家ご本人によるギャラリートークを開催します。閉館後のプライベート会場で、作家自身から語られる、さらにディープなおおひなたごうの世界をお楽しみください。

日時

2024年6月22日(土)午後5時~午後6時30分(受付開始:午後4時45分)

※午後5時以降の入館はできません。

会場

ギャラリー1・2・3

出演

おおひなたごう(マンガ家)
聞き手:具本媛グー ボンウァン(京都精華大学国際マンガ研究センター、京都精華大学マンガ学部マンガ学科講師)

定員

15名(先着順)

対象

中学生以上

参加方法

事前予約制(2024年6月7日(金)午後11時59分まで受付)

※定員に空きがあれば、参加整理券を当日の午前10時30分よりミュージアム館内にて配布します。

※ミュージアムショップ含め、ギャラリー1~3を除く館内は午後5時30分に閉館いたします。ギャラリートーク終了後はご利用になれません。

※一部展示物が入れ替わるため、3月16日に行われるギャラリートークとは内容が異なる可能性があります。

おおひなたごう

1969年、秋田県羽後町生まれ。執筆作品に「おやつ」、「フェイスガード虜」(共に秋田書店)、「犬のジュース屋さんZ」(集英社)、「俺に血まなこ」(光栄)、「ラティーノ♥」(講談社)ほか多数。代表作の一つである「目玉焼きの黄身いつつぶす?」(KADOKAWA/エンターブレイン)は2014年NHKでアニメ化し、2017年にはMBS系列で実写ドラマ化された。2023年からは『月刊コミックビーム』(KADOKAWA)に「レコード大好き小学生カケル」を連載中。2013年に京都精華大学マンガ学部・特任講師に就任し、現在は教授を務める。

主催:京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム
協力:横手市増田まんが美術館/(一財)横手市増田まんが美術財団

※スケジュール・内容については変更の可能性があります。予めご了承ください。